参拝方法

山門を入ります
山門を入る時(山門のない場合境内)手を合わせ一礼する。

手水鉢へ
手水鉢(水がきれいな場合には口をすすぐ)で手をきよめる。

鐘楼へ
鐘楼で鐘を撞く(お寺によっては禁止しているところもある。また参拝後、鐘を撞かない)。

まず本堂へ
1. 線香、灯明をあげ、お賽銭を納める。写経、納め札を所定の場所におさめる。
2. 揃って般若心経を唱える。
3. それぞれのご本尊を三回繰り返し唱える。
4. 光明真言を三回繰り返し唱える。
5. ご宝号(南無大師遍照金剛)を三回繰り返し唱える。
6. 回向を唱える。

次に大師堂へ
1. 線香、灯明をあげ、お賽銭を納める。写経、納め札を所定の場所におさめる。
2. 揃って般若心経を唱える。
3. 光明真言を三回繰り返し唱える。
4. ご宝号(南無大師遍照金剛)を三回繰り返し唱える。
5. 回向を唱える。

山門を出ます
山門を出るとき手を合わせ一礼し、左足から出る。

ページのトップへ

電話でのご相談はこちら

080-2991-1938

専任担当が直接ご相談にお応えします。お気軽にどうぞ!

メールフォームはこちら

お問い合わせ

資料請求

閉じる