参拝コースのご紹介

四国八十八ヶ所霊場めぐり

36番 青龍寺

人間には88の煩悩があり、四国霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消え、願いがかなうといわれています。
徳島阿波(発心の道場1番から23番)、高知土佐(修行の道場24番から39番)、愛媛伊予(菩提の道場40番から65番)、香川讃岐(涅槃の道場66番から88番)に至る1450キロを巡拝し、最後に高野山に向かいます。

このコースのみどころ

満願・結願を終えられると、生まれ変わったような清々しい気持ちになるという方も多くいらっしゃいます。一番人気のコースであるからこそ、たくさんの出会いにも恵まれます。
また、閏年にはご利益が倍になるとも言われる逆打ち巡りも受け付けております。この機会にぜひ、ご参加ください。

ページのトップへ